上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


連休最終日
後ろ髪をひかれながら(食べ残ししたものがないか?笑)
福井を後にしたのですが
後々、名古屋に忘れ物をしていることに気付いてしまって途中下車



行列の先に やっと見えた私たちの忘れ物は。。。


yaabaton-3.jpg





ドドンと!


yaba-ton1.jpg


味噌カツゥ。。


yaba-ton2.jpg


オイシカッタ♪
これでもう忘れ物はありませ~~~~~ん。笑
美味しい想いに溢れた幸せな3日間でした^^

お~しまいッ♪


矢場とん
名古屋市中区大須 3-6-18
TEL (052)252-8810
FAX (052)242-1321



スポンサーサイト
11/25|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


美しい海岸線を走っていたら
突然びびびッと来てしまって 笑
急ハンドルを切って立ち寄ったお店がココ


tarumi-3.jpg


一見、萎びた店構えだけど (ごめんなさい)
お店の脇から存在を主張してくるドドンと大きな生簀が魅力的♪

旅先でのお店選びは一か八か!笑

大きな期待を込めて
旦那さまがチョイスした越前蟹定食3150円也


tarumi-1.jpg


うーーーん
蟹味噌にお湯が回ってしまって悲劇的な茹で上がり--;
以下ノーコメントです。。ぷぷ


そして
私チョイスはお刺身定食2100円也


tarumi-2.jpg


全て地物のお魚達なので弾ける様な身の締まり具合◎
鮮度があって美味しかったデス!

さて
若干1名、満たされない想いを抱いたまま~
食いしん坊な胃袋はマダマダ先を目指します・・・


樽海
福井県福井市浜北山町1号2番地  樽海
TEL 0776-89-2311 
FAX 0776-89-2066



11/23|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

越前蟹を求めて福井へ~♪の旅道中、
兼ねてから母に薦められていた「煮込みウドン~山本屋本店~」に立ち寄りました


nagoya-misonikomi1.jpg


数年前 此処のお店の味噌煮込みうどんを食べて以来、
その味にスッカリ虜になってしまった母は
浅草の支店にアシゲク+アシゲク通い詰めているそうで・・・

うーーーん
此処のウドンを食べるのには勇気が要るなぁ

だって母曰く・・・

そこら辺の味噌煮込みウドンとワケが違うの
中毒性アリの煮込みウドンなんだからね
覚悟して食べないと


って

ひょっとしたらワタシも中毒患者にぃ?




それにしても、すっごい行列



nagoya-misonikomi6.jpg


もしかして皆様も中毒患者?



nagoya-misonikomi2.jpg


席に通されるとほぼ同時のタイミングで特製の「浅漬け」が配給?(無料)されます
これがお替り自由とはッ!なんて太っ腹!
しかも子供にはリンゴジュースのサービス(無料)


しかししかし
味噌煮込みウドンってB級グルメだとばかり思っていた私にとって
コーチン&牡蠣入り味噌煮込みウドン1人前3400円という御・値段にカルチャーショック☆
味噌煮込みうどんってセレブな食べ物だったのねぇ


あ。でも大丈夫
たとえセレブじゃなくても食べられるものがありましたから。笑
チョット寂しい シンプルな味噌煮込みうどん1300円也
我が家はソチラを注文^^;


nagoya-misonikomi3.jpg


熱々の土鍋が運ばれてきました

ドキドキしながら
蓋を開けるとぉ


nagoya-misonikomi4.jpg


八丁味噌とカツオ節のスチームに包まれてーー
ああ幸せ♪

さっそくオリジナルの蓮華でスープを一口啜ってみると・・・

ひえーー
ビックリ仰天の ショッパイ 濃いお味!
これはもう未体験ゾーン
健康を害する恐れあり?殺人的・・・


そーれーなーのにぃ!!
どうしようもなくんま~~いので
サイクル的に次から次にスープを啜ってしまう感じ
困りましたッ^^;

ご飯を頼んで潔くスープの中で雑炊にしてしまったら良かったのかもしれません♪


麺はこんな感じ!

nagoya-misonikomi5.jpg


うどんのアルデンテ?
単純にコシが強いということだけでは片付けられない不思議な食感

とにかく×②と~っても美味しかったデス◎



次回はアクセスしやすい浅草店のほうに母と一緒にお邪魔したいと思いま~す^^
そのときは是非、コーチン&牡蠣入りをご馳走になりたいなと・・・笑



煮込みうどん山本屋本店
名古屋駅エスカ店
052-452-1889



11/22|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


heikenosato4.jpg


今日はオトモダチとランチ!
大好物の平家の郷へ~^^


heikenosato1.jpg


ここのハンバーグはツナギを一切使わないのが特徴!
黒毛和牛100㌫なのでレアで頂くことができてしまいます^^


厨房の炭火で極表面だけ炙られたハンバーグが
熱々の鉄板に乗って運ばれてくると
最後の調理は客席で行います

まずは俵型のハンバーグの真ん中にナイフが入って・・・
目の前でソースが注がれるとぉ
もうボルテージ急上昇ッッ!
このパフォーマンスが・・・
たまりませんッ


こういうスタイルのハンバーグ屋さんは数多くあるけれど
ワタシは平家の郷が1番スキ^^
一度食べるとヤミツキになります!


美味しいご飯もお替り自由♪


heikenosato2.jpg


平家の郷 町田店
住所/東京都町田市小山が丘1-3-5
電話/042-797-2425


11/19|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


三浦には
美味しいお魚が食べられる行きつけのお店があるのに
手前の横須賀で寄り道したのが運のつき?
頻繁にテレビや雑誌に取り上げられる●●●●というお店の
昼時の行列の最後尾に並んでしまいました

人気の秘密は何?
オールセルフサービスのお手軽感?
それとも値段?

たとえばコレ・・・
お刺身定食800円也(ワタシ注文)

hamakura2.jpg

たとえばコレ・・・(旦那サン注文)
地魚丼ぶり900円也

hamakura1.jpg


安く提供されてるんだから良いのかなぁ?
冷たくなって乾いてしまった煮物が入った小鉢とか
流れ作業で盛られていくお刺身とか・・・
魔法瓶から注がれる茶色に変色した日本茶とか・・・

料理を美味しくするために大切なものって
腕前でも調味料でも食材でもなく
どれだけ「心」を込めて調理したかってことだと思っているので
このお店にはガッカリ。。--;

仕方ないので
満腹になってしまった胃袋を抱えて三浦へ直行!
市場で美味しそうなお魚を買って
自宅でリベンジすることにしました・・・



11/16|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

nob**

Author:nob**

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。