上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


娘のお遊戯会でした
うかつにも涙が出ました

とても可愛かった。。。

OYB6.jpg

スポンサーサイト
11/30|日常コメント(11)トラックバック(0)TOP↑


連休最終日
後ろ髪をひかれながら(食べ残ししたものがないか?笑)
福井を後にしたのですが
後々、名古屋に忘れ物をしていることに気付いてしまって途中下車



行列の先に やっと見えた私たちの忘れ物は。。。


yaabaton-3.jpg





ドドンと!


yaba-ton1.jpg


味噌カツゥ。。


yaba-ton2.jpg


オイシカッタ♪
これでもう忘れ物はありませ~~~~~ん。笑
美味しい想いに溢れた幸せな3日間でした^^

お~しまいッ♪


矢場とん
名古屋市中区大須 3-6-18
TEL (052)252-8810
FAX (052)242-1321



11/25|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑



福井までの
道のり
労力
時間




もう なにもかも 
全てがチャラになったと思えたとき


tajima-1.jpg


生きてて良かったと思えたとき♪


tajima-2.jpg


お刺身丼 2500円
せいこ蟹丼 3000円

田島
福井県坂井郡三国町宿1丁目17-42
TEL 0776-81-7800
FAX 0776-81-7802


tajima-3.jpg



11/23|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


美しい海岸線を走っていたら
突然びびびッと来てしまって 笑
急ハンドルを切って立ち寄ったお店がココ


tarumi-3.jpg


一見、萎びた店構えだけど (ごめんなさい)
お店の脇から存在を主張してくるドドンと大きな生簀が魅力的♪

旅先でのお店選びは一か八か!笑

大きな期待を込めて
旦那さまがチョイスした越前蟹定食3150円也


tarumi-1.jpg


うーーーん
蟹味噌にお湯が回ってしまって悲劇的な茹で上がり--;
以下ノーコメントです。。ぷぷ


そして
私チョイスはお刺身定食2100円也


tarumi-2.jpg


全て地物のお魚達なので弾ける様な身の締まり具合◎
鮮度があって美味しかったデス!

さて
若干1名、満たされない想いを抱いたまま~
食いしん坊な胃袋はマダマダ先を目指します・・・


樽海
福井県福井市浜北山町1号2番地  樽海
TEL 0776-89-2311 
FAX 0776-89-2066



11/23|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

福井入りを果たして真っ先に向かったのが
日本海おさかな街!です


osakanamachi1.jpg


ベタなネイミングですケド
中を覗くと とても立派な市場

越前蟹シーズン真っ盛りゆえの 人人人人・・・人人 で
縁日の屋台歩き並みに酸素が薄いデスッ


それにしても.......


osakanamachi-5.jpg


こんなケタはずれの値段が付けられた御蟹様達が
飛ぶように売れていくんだから
日本経済もまだまだ捨てたもんじゃないですよ
ここでは不景気風なんてドコへやらぁ。。


さてさて
我が家の食いしん坊な胃袋は
自宅から560kmという距離を物ともせず
タダひたすらにコノ蟹だけを求めてハンドルを握り続けてきました
コレッ↓コレが旦那サマのお目当ての蟹↓↓↓^^


osakanamachi-2.jpg


この限られたシーズン中にしかお目にかかれない雌蟹(せいこ蟹)を
ボイルされたばかりの温かいうちに頂きます


osakanamachi-4.jpg


ほら
外子も内子もいっぱい!!


osakanamachi-3.jpg


小ぶりだけど味は天下一品★☆
お財布にも優しい「せいこ蟹」は
まさしく
「今が旬!」で~~す


株式会社 日本海さかな街
〒914-0125 福井県敦賀市若葉町1丁目1531番地
TEL.0770-24-3800 FAX.0770-21-0489


福井の旅はマダマダ続きます


11/23|市場巡りコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

越前蟹を求めて福井へ~♪の旅道中、
兼ねてから母に薦められていた「煮込みウドン~山本屋本店~」に立ち寄りました


nagoya-misonikomi1.jpg


数年前 此処のお店の味噌煮込みうどんを食べて以来、
その味にスッカリ虜になってしまった母は
浅草の支店にアシゲク+アシゲク通い詰めているそうで・・・

うーーーん
此処のウドンを食べるのには勇気が要るなぁ

だって母曰く・・・

そこら辺の味噌煮込みウドンとワケが違うの
中毒性アリの煮込みウドンなんだからね
覚悟して食べないと


って

ひょっとしたらワタシも中毒患者にぃ?




それにしても、すっごい行列



nagoya-misonikomi6.jpg


もしかして皆様も中毒患者?



nagoya-misonikomi2.jpg


席に通されるとほぼ同時のタイミングで特製の「浅漬け」が配給?(無料)されます
これがお替り自由とはッ!なんて太っ腹!
しかも子供にはリンゴジュースのサービス(無料)


しかししかし
味噌煮込みウドンってB級グルメだとばかり思っていた私にとって
コーチン&牡蠣入り味噌煮込みウドン1人前3400円という御・値段にカルチャーショック☆
味噌煮込みうどんってセレブな食べ物だったのねぇ


あ。でも大丈夫
たとえセレブじゃなくても食べられるものがありましたから。笑
チョット寂しい シンプルな味噌煮込みうどん1300円也
我が家はソチラを注文^^;


nagoya-misonikomi3.jpg


熱々の土鍋が運ばれてきました

ドキドキしながら
蓋を開けるとぉ


nagoya-misonikomi4.jpg


八丁味噌とカツオ節のスチームに包まれてーー
ああ幸せ♪

さっそくオリジナルの蓮華でスープを一口啜ってみると・・・

ひえーー
ビックリ仰天の ショッパイ 濃いお味!
これはもう未体験ゾーン
健康を害する恐れあり?殺人的・・・


そーれーなーのにぃ!!
どうしようもなくんま~~いので
サイクル的に次から次にスープを啜ってしまう感じ
困りましたッ^^;

ご飯を頼んで潔くスープの中で雑炊にしてしまったら良かったのかもしれません♪


麺はこんな感じ!

nagoya-misonikomi5.jpg


うどんのアルデンテ?
単純にコシが強いということだけでは片付けられない不思議な食感

とにかく×②と~っても美味しかったデス◎



次回はアクセスしやすい浅草店のほうに母と一緒にお邪魔したいと思いま~す^^
そのときは是非、コーチン&牡蠣入りをご馳走になりたいなと・・・笑



煮込みうどん山本屋本店
名古屋駅エスカ店
052-452-1889



11/22|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


kaori.jpg


ジャスミンオイルの香りに癒されて~♪




11/21|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


heikenosato4.jpg


今日はオトモダチとランチ!
大好物の平家の郷へ~^^


heikenosato1.jpg


ここのハンバーグはツナギを一切使わないのが特徴!
黒毛和牛100㌫なのでレアで頂くことができてしまいます^^


厨房の炭火で極表面だけ炙られたハンバーグが
熱々の鉄板に乗って運ばれてくると
最後の調理は客席で行います

まずは俵型のハンバーグの真ん中にナイフが入って・・・
目の前でソースが注がれるとぉ
もうボルテージ急上昇ッッ!
このパフォーマンスが・・・
たまりませんッ


こういうスタイルのハンバーグ屋さんは数多くあるけれど
ワタシは平家の郷が1番スキ^^
一度食べるとヤミツキになります!


美味しいご飯もお替り自由♪


heikenosato2.jpg


平家の郷 町田店
住所/東京都町田市小山が丘1-3-5
電話/042-797-2425


11/19|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


apple.jpg


物静かに不器用に
いつも私たちのことを想っていてくれる人から
お尻の位置がずれたイビツな形のリンゴを沢山貰いました♪

リンゴってこんなに美味しかったかな?

http://www.syun-sai.net/grow.htm




11/18|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

murataya1.jpg


極稀にガッツン系のトンコツラーメンが食べたくなると
「村田屋」の暖簾をくぐります


今回の訪問は2年ぶりくらいかな?
お店の構えがスッカリ変わっていたのでビックリ
でも相変わらずの行列~
ここの客層って老若男女なんですよね
まじりっけなしの「とんこつラーメン」だから
若年層の体育会系男子中心に支持されているのかと思いきや
年配のご夫婦や女性客
小さいお子さん連れのファミリーもいたりして~
客層が偏らないラーメン店はやっぱり強いですよね(経営面で!)


トンコツラーメンなのにまったく臭みがなく
濃厚でいながら中だるみがない。。。
最後まで美味しく頂けるあたりが村田屋ラーメンの人気の秘訣?


murataya2.jpg


そうそう
ラーメンはやっぱり陶器の丼で頂きたいと思うのに
いつからメラミン製に変わってしまったんでしょう?
残念です。。。


murataya3.jpg


村田屋
神奈川県相模原市中央1-9-19
TEL 042-759-5585




11/16|ラーメンコメント(3)トラックバック(0)TOP↑


三浦には
美味しいお魚が食べられる行きつけのお店があるのに
手前の横須賀で寄り道したのが運のつき?
頻繁にテレビや雑誌に取り上げられる●●●●というお店の
昼時の行列の最後尾に並んでしまいました

人気の秘密は何?
オールセルフサービスのお手軽感?
それとも値段?

たとえばコレ・・・
お刺身定食800円也(ワタシ注文)

hamakura2.jpg

たとえばコレ・・・(旦那サン注文)
地魚丼ぶり900円也

hamakura1.jpg


安く提供されてるんだから良いのかなぁ?
冷たくなって乾いてしまった煮物が入った小鉢とか
流れ作業で盛られていくお刺身とか・・・
魔法瓶から注がれる茶色に変色した日本茶とか・・・

料理を美味しくするために大切なものって
腕前でも調味料でも食材でもなく
どれだけ「心」を込めて調理したかってことだと思っているので
このお店にはガッカリ。。--;

仕方ないので
満腹になってしまった胃袋を抱えて三浦へ直行!
市場で美味しそうなお魚を買って
自宅でリベンジすることにしました・・・



11/16|和食コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


momo909.jpg







momo15.jpg



ももね
ほじょなしじてんしゃに のれるんだよ
すごいでしょ
すーいすいっとね
 


momo19.jpg



11/15|日常コメント(6)トラックバック(0)TOP↑

lr1.jpg



こんなの貰ったらあ・・・



LR.jpg



たいていの女子は
コロっと
きます☆



11/12|日常コメント(2)トラックバック(0)TOP↑






126.jpg







11/12|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


taruza1.jpg


お友達の薦めで初めて暖簾をくぐってから5年

2ヶ月に1度くらいのタイミングで
無償に食べたくなってしまうのが「樽座」の味噌ラーメンです

オレンジ色に輝くスープの秘密は海老油!
甲殻類の出汁スープに魅せられてしまう傾向にあるワタシにとって
これはもう間違いなくヒットでした^^

味噌と海老油ってものすごく好相性!

そしてそして
そんなスープに負けず劣らずの存在感を主張してくるのが、この麺!


taruza2.jpg


本当にすっごく美味しいんですよ
プニプニの噛み応えがたまりませーーーんッ

トッピングは炙りチャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシ・・・
すべて計算尽くしの名脇役達!
どの具も良いお仕事をしてくれて
まさに文句なしの至福の一杯デス☆


娘たちにまで「毎度ありがとうございます」っと
丁寧に頭を下げてくださる真摯な店主様。。
どんなに高い評価を受けても
決しておごり高ぶることなく。。。の姿勢には感銘をおぼえます!
これからも美味しいラーメンの味を守り続けてくださいね^^

腹時計がなったら、またスグにお邪魔しま~す^^


taruza3.jpg

麺や樽座
東京都八王子市小宮町941-1
電話:非公開


11/09|ラーメンコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
001.jpg


六本木はすっかりクリスマス色でした♪
銀河の様に輝く無数のLEDが本当にお見事!!


irumi2.jpg




11/09|お出掛けコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

食事のあとには美味しいデザートを頂く!
それが女子の鉄則ッ^^


築地を後にして向かった先は、ららぽーと豊洲!
目的はリルドーナツです♪


tugitugi.jpg


魔法みたい
可愛いドーナツが次々出来上がる♪


lil2.jpg



どんなに美味しいものだって
「出来立て」を頬張らなかったら感動は半減しちゃう
お土産にするなんてもったいなーい!!
甘い香りが漂う店内で熱々のうちに頂くという醍醐味♪
今日のフレーバーはバターとメイプルシロップよ^^
女子達!さあ召し上がれ~☆



11/09|スイーツコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

以前は築地のジプシーでした・・・
赴くままに色々なお店の暖簾をくぐったりしていたのですが
今は「向かうべきところ」がちゃんと定まっています^^


東京都中央区築地
すしざんまい
03-3545-2266


susizanmai4.jpg


ノッケからスゴイッ!
寿司ネタのプリンス大トロの登場で理性云々もドコへやらぁ

それにしても
これで498円って間違いなくトップバリューです



sushizanmai2.jpg


こちらの妖艶なカマトロは×1で398円也
もちろん美味でした


あとは・・・
イワシやアジも美味しかったんですがぁッ
その頃にはもう撮影している場合じゃなくなってしまって!(食べるのに必死で!笑)


sushizanmai.jpg


そんなにスゴイものを乗せて回っちゃって良いんですかッ?!
ってカンジの光景です。笑


「美味しい想い」をありがとうございました^^



オマケ*
築地市場の中に「すしざんまい」は数店舗あります
どこのお店でも美味しいネタが提供されるし
すべて同じお値段で頂けるので
空間選びはお好みで~^^
カウンター越しに注文しながら握って頂くというちょっぴりフォーマルなお店も良いですよね~^^
我が家は・・・
活気あるカジュアルな空間がお気に入りです♪



11/09|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

m93.jpg


お気に入りのノートを持って
公園までお散歩に来ました



m94.jpg




m95.jpg





m97.jpg




m98.jpg




m99.jpg




m100.jpg





m101.jpg





m.jpg



11月7日金曜日
雨ノチ曇りノチ晴れ



11/07|日常コメント(20)トラックバック(0)TOP↑


平日に突然、降って湧いて生まれた旦那サンの休暇!
日頃、忙しく働いている人だから
神様がポロッと・・・
ポケットからオヤスミを出してきてくれたのでしょう

娘たちが、それぞれ幼稚園と学校に出掛けたあと
二人でショッピング&ランチに出掛けました

いつもは、どこへ行くにも4人だから
4分の2になると、どこかにシッポを忘れてきたみたいだよー
「ナンダカヘンナカンジダネ」
なんて言いながら
お気に入りのお店でランチ♪

海老と岩海苔のクリームパスタ

aonoriebi.jpg

そしてお次はウニのクリームパスタ

uni.jpg


ランチタイムの特権は
手作りブレッド2種類
ミネストローネ
サラダ
フリーチョイスのドリンク


bread.jpg


食いしん坊さん用にパスタを大盛でお願いしたのに
夏目さん2枚とチョットのお支払いでは・・・
申し訳ないデス・・・

ここのお店はイタリアンなのに
すべてのメニューが和と上手く融合しているかんじ
どれもこれも本当に美味しいんだけど
一押しは「ウニのクリームパスタ」かな
お皿に一滴の忘れ物も残したくない!
残ったソースも綺麗に頂きま~~~す

美味しいものって人を幸せにしてくれるよね~♪

みんなには秘密にしておきたい!
そんなお店は


チャヤジャルディーノ城山
TEL:042-782-0932
住所:神奈川県津久井郡城山町城山4-2-3




11/07|イタリアンコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

sentaijizou.jpg


momiji.jpg


jizou22.jpg

11/07|お出掛けコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

kazenomori333.jpg


不意に立ち寄った「風の杜」

一見コテコテの豚骨ラーメンに見えるのに
全く癖がなく素直に美味しいと思える万人受けのラーメンでした!
炭火で炙ったチャーシューは香ばしいのにジューシー!
上掛けの辛味噌?も絶妙で
マッタリしたスープの良い絞め役になっています
ストレートの細麺もデフォルト注文なのにバッチリの固麺で美味しい!
自家製麺というだけのことはあってスープとの相性もバッチリでした☆
フリートッピングが充実しているのも嬉しいですね~

ただ。。。
欲を言うとスープが少しヌルメ・・・;
舌を火傷しちゃうくらいの危険を孕んだラーメンが好みのワタシとしては
これだけが、ちょっと残念だったかなぁ・・・

トッピングが盛り沢山なので
色々乗せているうちにスープの温度が下がってしまうんでしょうねえ

でも
旅先でまさかまさか!
こーんなに美味しいラーメンに巡り合えるとは思いませんでした

お店もとってもお洒落なんですよ!


kazenomori11.jpg


機会があったらまた行きたいな~
ごちそうさまでした^^



風の杜
〒320-0055
栃木県宇都宮市
下戸祭1-5-108
電話028-601-4234


11/07|ラーメンコメント(1)トラックバック(0)TOP↑


anyo.jpg

チャポチャポーーー

anyo2.jpg

アンヨもココロも
ほっこりだね

anyo22.jpg


あんよの湯
日光市湯元官有無番地
TEL: 0288-62-2211


11/06|お出掛けコメント(1)トラックバック(0)TOP↑


senjougahara2.jpg


神話めいた話が息づく土地


senjougahara17.jpg



夕焼けに染まる戦場ヶ原を眺めていたら
魅力的な伝説が語り継がれていることも
頷ける気がしてきちゃう




senjougahara1.jpg


「起こりもしないこと」

本当に起こってしまいそうな・・・
そんな気配


senjougahara56.jpg



オマケ*
戦場ヶ原ニテ胃袋を満たしてくれたモノ
あんまり美味しくなかったのだけれどオボエガキ^^;
店名控えます・・・

戦場ヶ原セット
teutisoba.jpg

湯葉麺
yubamen.jpg


11/06|お出掛けコメント(1)トラックバック(0)TOP↑


日光へは何度も足を運んだことがあるのに
紅葉の季節にお邪魔するのは初めて!

だから余計に期待は膨らんでしまうのに
紅葉前線は
そんな私達の訪問を待っていてはくれず・・・
代わりに待っていたのは
いろは坂の大大大渋滞・・・--;

「い」の標識から「ん」の標識まで辿り着くのに
2時間半もかかるなんてーー!

せめて車窓から綺麗な紅葉を眺めることが出来れば
BGMをエンヤかsalyuあたりにして・・・
大渋滞だって心地よく感じられたのかもしれないけど
枯れ山に囲まれた「いろは坂」の渋滞中に
ひたすら気がかりなのは
娘達の「トイレ」のこと・・・;;
で、案の定!
次女から「おしっこコール」がぁ・・・--;

いろは坂の終点「ん」はまだまだズット先・・・
だけど
娘の脇に転がる空っぽのペットボトルから緊急シグナル!
ソレはほんの少し前まで500mlの「ソウケンビチャ」で満たされていたはずで・・・
「我慢して」
は通用しないらしい。。。

・・・っとそのときにタイミング良くトイレマークを発見して
辿り着いたのが明智平ドライブイン
いつもはココからロープウェイが動いてるらしいけど今日はお休み?

でもでも・・・
そんなことはもうどうでも良くて!
トイレ休憩のためだけに立ち寄った場所で
こーんなに美味しそうなお団子を頂いたり

dango.jpg


本格炭火で焼くジューシーなお肉の味に

abuributa1.jpg


大大大感動したりッ♪


abuributa.jpg


トイレ休憩万歳



明智平ドライブイン
栃木県日光市細尾町703
電話 0288-55-0120


11/06|お出掛けコメント(1)トラックバック(0)TOP↑

まだ夏山だった奥多摩を後にして向かった先は・・・
紅葉と言えば?・・・の代名詞、、
そう!!「日光」
日光まで足を伸ばせば
きっと真紅のもみじに出会えるでしょう?


でも。
その前にちょっと寄り道!

asio.jpg

切符売り場で購入したものは・・・
ノスタルジーな世界への切符×4枚!
スペシャルな切符を持って
可愛らしいホームに降り立つと・・・

asio1.jpg


おもちゃ箱から飛び出してきたみたいな黄色いトロッコ列車がお出迎え!

asio2.jpg

さあ!出発だよーーー

asio4.jpg

いざ足尾銅山へーーー♪

洞窟の中は思いのほか真っ暗でシクシク泣き出す次女
でもママは測り知れないロマンを感じて
400年も前にこの宝の山を探し当てた二人の農夫に思いを馳せてみたり・・・

この足尾銅山、散策できるのは本当にわづかな距離だけ・・・
実は東京~博多間ほどの坑道が長く長く長く伸びているんだって!
想像するだけで気が遠くなりそう
どれだけの人がココに労を捧げてきたんだろう
おっきい事故もあっただろうな・・・命を落とした人もいたんだろうな・・・
それでもやっぱり、この宝の山は鉱夫達のロマンだったに違いないッ!
っとか
アレコレ考えていたら
不意に天井から冷たい雫がポッタン
・・・・・・
うッ。。。


asio7.jpg

やっぱリチョット怖いカモ?
吐息が聞こえてきそうな蝋人形とかね・・・

asio-last.jpg

ニッゲローーーー


足尾銅山観光管理事務所
〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞 9-2
TEL.  0288-93-3240


asio111.jpg


11/05|お出掛けコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


osoba.jpg



子供の頃
毎年11月のはじめのお休みには
奥多摩に連れて行ってもらっていました


流れる車窓から顔を出して
赤や黄色や橙に色づいた景色を見送るのがスキだった
思い思いの色に染まった山々が秋の澄んだ青空に溶け合うと
ウットリするほど綺麗だったのに
綺麗だと感じるのと同じくらいに
怖くて悲しいものを見ている様な気もした


オトナになってからは
同じ景色を見ても感じられることは少なくて
アノ頃の様な感動を味わうことも
言い知れない切ない想いに囚われることもなくなってしまったのだけれど
子供の頃にしか持ち合わせていない独特の感覚を持って見てきた景色達は
何十年経った今もとても鮮やか!
そんな記憶を娘達にも沢山持って欲しい


4つの季節の中で1番スキな秋が巡って来ると
子供達を連れて色づく奥多摩へ紅葉散策に出掛けます
毎年、同じ日付け近くに出向いていくのだけれど
その年によって紅葉の見頃は違っていて・・・
去年は一歩も二歩も出遅れてしまった枯れ山の奥多摩に迎えられ
今年は夏山の気配を残したままの躍動感たっぷりの奥多摩に迎えられました。。--;
子供達に綺麗な紅葉を見せてあげたかったのに
2年越しの不完全燃焼で無念×②!!

でもね
奥多摩のお楽しみはソレだけじゃない!

miyama.jpg

どれだけ歳月が流れても変わらずソコにいてくれる!
この佇まいをズット先まで残して欲しい!!
そんなふうに願うお店が奥多摩にはあります
もうかれこれ20年越しで大ファン!
味のみやま亭の手打ち蕎麦は最高でーーす!


毎年、秋が深まると両親に連れて来られていたお蕎麦屋サンに
今度はワタシが子供達を連れて通い詰めているだなんて!
なんだかスゴイことだと思いませんか?
代々「美味しい想い」を頂戴しております♪


食した後には決まって厳かな凛とした気持ちになってしまう!
かしこまって「ごちそうさま」っと言いたくなってしまう!
そんなお蕎麦です!

osoba2.jpg


味のみやま亭
東京都奥多摩町川野292-1
0428-86-2143


さて・・・
このあとドコへ出掛けましょう?
きれいな紅葉が見たい!
そんな想いは不完全燃焼のまま。。。


11/04|和食コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

nob**

Author:nob**

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。